Gas One 嵐山ガス株式会社
緊急連絡先24h 0493-62-2100あなたの街のホームエネルギーパートナー
会社案内 リンク お問合せ サイトマップ HOME
感興にやさしいLPガス&安全対策 取扱商品 業務案内 緊急の時は 料理教室&カルチャー教室 イベント キャンペーン 水まわりなんでも相談所
HOME > 環境にやさしいLPガス&安全対策
環境にやさしいLPガス&安全対策
環境にやさしいLPガス
LPGはクリーンエネルギー
LPGはクリーンエネルギー現在 私達の暮らしている地球が直面している「地球温暖化現象」問題。
地球の温度を上昇させている主な原因とされているのが二酸化炭素の大量の発生です。
LPガスは化石燃料の中でも二酸化炭素の発生が少なく、その防止に貢献しています。また、オゾン層の破壊につながる特定フロンに代わる物質としても広く使われております。その他、酸性雨の原因とされるSOxを(硫黄酸化物)をほとんど発生しませんし、LPガス 車は排気ガスの主成分であるSPM(浮遊性粒子状物質)をまったく発生しません。
この様な特性からLPGは地球にやさしいクリーンエネルギーと言えるでしょう。
LPGはクリーンエネルギー
電気とLPGどちらがエネルギー効率が良い?
製造場所を100とした時、ガス製造・輸送でのエネルギーロスはゼロですので、家庭でのエネルギー利用率が100になります。
これに対して、電気は製造時の廃熱ロスや送電時のエネルギーロスが63%もあり、家庭でのエネルギー利用率は37%にしかなりません。
また、ガスコンロの機器効率は約56%ですが、家庭でのエネルギー利用率が100なので、実質のエネルギー効率は56%となります。
一方、IHは機器効率は79%とガスより良い数字ではありますが、家庭でのエネルギー利用率が37%なので、実質のエネルギー利用率は29%とガスの約1/2にしかなりません。
LPガスとIH(火力発電)のエネルギー効率の差
電気とLPGどちらが地球にやさしい?
電気とLPGどちらが地球にやさしい?電気は発電のほとんどを火力発電に頼っていますので、大量の天然ガスや石油・石炭を燃やします。
その為、家庭でガスをご利用する場合と比べると大量の二酸化炭素を排出しています。
また、原子力発電に関しては永久に消えない核のゴミを出すなど、環境にやさしいエネルギーと いえるのか疑問が残ります。
 
災害に強いLPG
近年各地で大規模な地震が発生し、大きな被害がでております。
被災地においては、一日でも早い復旧が大きな課題となっています。
LPガス(個別供給)はその特性から、避難場所などにもすぐに対応ができ、また、個々の家庭の復旧も素早い対応をとっています。
LPガスが災害に強い事はデーターとしても実証されています。
阪神・淡路大震災(1995年)では都市ガス84日に対し、LPガス10日、強い余震が続いた新潟県中越地震(2004年)でも都市ガス53日に対して LPガス18日と、いずれもいち早く復旧しています。
また、二次災害(火災)については、阪神・淡路大震災での神戸のデーターを みると、地震発生後10日間に発生した火災175件のうち、原因が特定できたのは68件。
内訳としては電気が38件で56%を占め、その他(放火・都市ガス等)30件 LPガス0件となっています。
これはLPガス特性もありますが、震度5以上の揺れを感知すると自動的にガス供給を 遮断するマイコンメーターがほぼ全戸についている安全機能の充実もあげられます。
http://www.ene-web.com/cfc/ より引用)
火災のときは
火災のときはまず非難。余裕があれば、初期消火をしましょう。
容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせて後の処置を頼んでください。
販売店にも連絡してください。
地震のときは
地震のときは器具栓・ガス栓を閉め、火を全て消します。
揺れの大きかったときは、おさまった後で容器のバルブも閉めて下さい。
洪水のときは
洪水のときは容器バルブを閉めてください。
容器が倒れたり流されない様に鎖やロープでしっかり固定してください。
容器バルブの閉め方
容器バルブの閉め方容器バルブは容器の上部にあります。閉める時は時計と同じ右方向に回して下さい。
災害後、再びガスを使用するときは、必ず事前に販売店の点検を受けてください。
異常に気づいた場合、住所・氏名・電話番号・状況などを至急当社にご連絡ください。
安全・安心にお使いいただくために
LPGご使用上の注意
    LPGご使用上の注意
  1. 点火は必ずで確認してから!
    点火したつもりでも、ついていないことがあります。
    炎をご確認下さい。
  2. 換気には充分気をつけてください!
    ガスを使用中は換気扇をまわしたり、ときどき窓を開けて下さい。
  3. 調理中(ガスコンロを使用中)はコンロかられないで。
    コンロから離れる時は、火を消しましょう。
  4. ゴム管は時々点検、2〜3年を目安に取り替えましょう。
    固くなっているものや、ひび割れ、全体に白っぽくなっているものは
    必ず交換して下さい。
    ゴム管からのガスもれ点検は、石鹸水を塗って泡が出ないことで
      確認できます。
  5. ガスは青い炎の状態で使いましょう!
    赤っぽい炎は、不完全燃焼をしている場合が多く危険です。
  6. 外出・就寝時には、ガス栓及び器具栓をしっかりめましょう。
    ガスご使用後は器具栓を閉め、口火の消火も確認しましょう。
安全器具と安全装置
ガスを安心してお使いいただくための機能をご紹介いたします。
ガス警報器
ガス漏れを素早く感知し、ブザーや音でお知らせします。万が一警報が鳴った場合は、下記取り扱いに従い、当社へご連絡下さい。
⇒ガス漏れ事故防止の為に
マイコンメーター
屋外の供給設備のひとつにガスメーターがありますが、現在はすべてマイコンを内臓した安全機器タイプで LPガス事故を未然に防ぐ機能をもっています。
⇒メーター遮断復帰操作
立ち消え安全装置
点火ミスや吹きこぼれなどで火が消えるとそれを察知し、自動的にガスがストップします。
その他に消し忘れ機能・過熱防止機能など、温度センサーが感知する最新の安全機能があります。
不完全燃焼防止装置
酸素濃度の低下やフィンの詰まりなどで不完全燃焼を起こす前に、ガスを自動的にカットします。
CO警報器
不完全燃焼などで発生したCO(一酸化炭素)を感知してブザーや音でお知らせします。
万が一警報が鳴った場合は、下記取り扱いに従い、当社へご連絡下さい。
⇒CO中毒事故防止の為に
器具のご使用とお手入れ方法
ガスコンロ
バーナーが目詰まりしたままご使用になると、不完全燃焼の原因となります。時々、器具ブラシなどでお掃除をしてください。
また、着火用の電池がきれる事がありますので、電池交換のランプが点灯したら交換してください。
コンロが点火しない場合、電池切れか、元栓のヒューズコックが作動している場合がありまので、何回かコックの開閉をしてみてください。
ガス小型湯沸かし器
熱交換器の目詰まりなどが、不完全燃焼の原因になることがあります。
時々上部(防熱板の下)に 汚れや詰まりがないかチェックしてください。使用中に度々火が消える場合は、当社へご連絡下さい。
ガス風呂がま
空焚きに注意しましょう。
ガス風呂がまや浴槽を傷めたり、火災の原因にもなります。また、風呂がまが水につかると故障の原因にもなります。
フィルターのお掃除
ファンヒーター・FF暖房機・エアコン・乾燥機などの給気フィルターは、月に1回程度、掃除機などで掃除し、埃を取って下さい。
(フィルターを外したまま、機器をご使用しないで下さい。機器の故障や火災、不完全燃焼の原因となります)
器具の種類
必ずLPガス用の器具をお使い下さい。
LPガスと都市ガスは、圧力・カロリーが異なる為、都市ガス用の器具をLPガスでご利用になるのは大変危険です。
マイコンメーター復帰法
マイコンメーター復帰法
よくある質問
Q 急にガスがでなくなってしまったのですが?
A 何かしらの原因で、ガスメーターのところでガスを遮断している可能性があります。
その場合ガスメーターの赤いランプが点滅して、「ガス止め」が表示されます。
考えられる原因として
・器具の消し忘れなどによる、使用時間が長い場合
・ゴム管が抜けるなど、不自然にガスが大量に流れた場合
・震度5以上の地震があった場合
ガスメーターの復帰操作で再度ご使用ができます。復帰操作方法はこちらをご覧下さい。
復帰操作をしてもガスがつかない場合には当社へご連絡下さい。
Q ガスコンロが点火しないのですが?
A 着火用の電池が切れていないですか? 電池交換をしてみてください。
又は元栓のヒューズコックが作動している場合がございますので、何回かコックの開閉をしてみてください。
Q ガス漏れ警報機器が鳴って止らないのですが?
A ガスの元栓を締め、室内での火気ご使用を避け、窓を開けて十分に換気してください。
また、電気のコンセントやスイッチに触れることや、電灯を切ったり、換気扇を切ったりしないで下さい。すぐに当社へご連絡下さい。
⇒ガス漏れ事故防止の為の手引き
Q 都市ガスの器具は使えますか?
A LPガスと都市ガスは、圧力・カロリーが異なる為、都市ガス用の器具をLPガスでご利用になるのは大変危険です。
 |サイトポリシー ▲ページトップ▲
Copyright (C) RANZAN GAS CO.,LTD. All Rights Reserved.